看護部長挨拶

看護部長あいさつ

看護部長・副病院長<br /> 大嶺 千代美看護部長・副病院長
 大嶺 千代美

 当院は、沖縄県内唯一の大学病院かつ特定機能病院として、高度で質の高い医療の提供と医療人の育成、高度医療技術の開発および高度医療に関する研修を実施しています。医療安全・医療の質向上を図るため、患者の意思決定を尊重したインフォームド・コンセントの充実、多職種と連携したケアプロセスの見える安全・安心な医療の提供に取り組んでいます。

 看護部では、より専門性の高い看護を提供するため、目標管理に基づいた人材育成を行っています。2018年度は、クリニカル・ラダーを改定(Ver. 2)し、全看護職員が逹人(プロフェッショナル)を目指せるよう看護観の醸成、臨床推論力・実践力・調整力・論理感の向上を強化しました。
チーム医療のキーパーソンとしてリーダーシップを発揮するとともに観察と判断に基づいた「患者の療養生活をしっかり支える」ベッドサイドケアの充実を図ることを期待しています。

 また、スペシャリストの育成では、認定看護師、専門看護師の複数体制が実現し、安定した専門性の高い看護が提供できるようになりました。それぞれの領域で培われた論理的な思考、知的探求心に臨床現場での実践的教育力の発揮、新たな看護技術の開発を期待しています。さらに、地域医療や国際化を視野に入れた急性期に強い看護師の育成を目指し、特定行為研修の開催、在宅療養支援実践力養成事業や助産師出向支援事業および訪日外国人医療対応人材育成事業への主体的な参加を支援しています。大学院進学や領域の看護実践に必要な資格に挑む看護職員も年々増えており、学習する組織が定着しつつあります。個々の志を支援するとともに働きながら学び続けられる職場風士作り・労働環境の改善に取り組んでいます。

 2025年の新病院移転時には、がん医療、再生医療、救急・災害医療が強化される予定です。ハード面の設計はもとより、ソフト面でも関連するセミナーや研修が学内外で行われ、移転に向けての準備が着々と開始されています。新たに求められる看護に応えつつ、大切にしたい看護がブレない、かつ、変化に柔軟に対応できる看護師を育成したいと考えています。

 働き方改革が推進される中、看護師の役割拡大と専門性の発揮が期待されています。日々の患者・家族、医療者との関わりの中で自己のもつ力を最大限発揮し、「看護のやりがい」「自己の成長」が実感できるよう、個々のキャリア形成を支える教育体制の更なる充実、パートナーシップによる職場環境改善を今後も図ってまいります。