部署紹介

第一内科:呼吸器・消化器・感染症内科
10階 東病棟

第一内科:呼吸器・消化器・感染症内科

 当病棟では、毎年「呼吸療法士」の資格取得に挑戦し、人工呼吸器管理など質の高い呼吸器ケアの提供に取り組んでいます。また、肝炎コディネーターの資格をもつ看護師が医師、栄養 士、薬剤師と協働で「肝炎教室」を開催し、肝炎予防や治療の啓蒙活動に繋げています。さらに、日本エイズ学会認定看護師を中心に多職種カンファレンスや、症例報告会に参加し、エイズ治療・看護の質向上に取り組んでいます。

腎泌尿器外科、皮膚科、第一内科
10階 西病棟

腎泌尿器外科、皮膚科、第一内科

 腎泌尿器外科では、腎移植看護やウロストミーケアを充実すると共に移植学会での発表にも取り組んでいます。また、排尿ケアでは尿失禁や自己導尿の患者指導を実施し、排尿自立にむけて支援しています。
 皮膚科では、天疱癒や強皮症など難治性の皮膚疾患を抱えた患者さんのスキンケアに加え、感染予防や疼痛緩和の視点からケアを工夫し実践しています。

第三内科:循環器・腎臓高血圧・神経内科
9階 東病棟

第三内科:循環器・腎臓高血圧・神経内科

 急性期、慢性期の循環器・腎臓高血圧・神経疾患患者さんの早期回復をめざし、地域や多職種との連携を大切にしています。 心疾患に対して心臓リハビリチームと連携し、多職種で退院支援カンファレンスを開催し早期回復につなげています。また、腎不全患者さんに対しては、血液浄化療法部と協働しチ_ムで腹膜透析支援を行い、意思決定支援に力をいれています。心臓リハビリテーション指導士や、認知症看護認定着護師がおり、看護実践力の向上に取り組んでいます。

第二内科:内分泌・血液内科
9階 西病棟

第二内科:内分泌・血液内科

 糖尿病療養指導士や多職種と協働した患者・家族を対象とした生活習慣予防教室を毎月開催しています。個別指導としては、糖尿病療養指導カー ドシステムによる患者の生活スタイルに合った指導を行い在宅療養が継続できるように取り組んでいます。
 また、血液内科では、化学療法や骨髄幹細胞移植が行われています。患者さんが安心して治療が受けられるようにサポートすると共に、セルフケアにも力を入れています。

脳神経外科・眼科
8階 東病棟

脳神経外科・眼科

 脳神経外科では、主に脳腫瘍に対する術前・術後、放射線治・化学療法を受ける患者さんの看護を実践しています。また、運動機能や摂食喋下機能回復に向けて多職種と連携を圏り、リハビリを強化しています。
 眼科では、患者さんの点眼手技獲得に向けて、オリジナルDVDを活用し指導しています。安全に手術に臨めるよう患者さんの協力を得ながら、医療安全(患者確認·手術部位確認)に取 り組んでいます。

耳鼻咽喉科、歯科日腔外科、形成外科
8階 西病棟

耳鼻咽喉科、歯科日腔外科、形成外科

 当病棟の主な疾患は、頭頸部の悪性疾患、慢性中耳炎、眼瞼下垂です。周術期や放射線・化学療法を受ける患者さんに対して、口腔ケア学会認定看護師が中心となって口腔内のアセスメントを基に口腔ケアを実施しています。また、NSTチーム、緩和ケアチームと連携し、患者さんのQOLの維持・向上に向けた支援を実施しています。
 毎年、歯科医師、歯科衛生士と協働し院内口腔ケアリンクナースを育成しています。

第二外科:胸部・心臓血管外科
7階 東病棟

第二外科:胸部・心臓血管外科

 開心術など大手術が多く、周術期における循環・呼吸管理を主とした急性期のリハビリ看護が実践できるよう部署内の教育に力を入れています。また、心臓移植を目的とした補助人工心臓装着患者さんのケアでは術後の心臓リハビリテ_ション、感染予防策、生活指導など多職種によるチームカを発揮して万全を期しています。日本循環器看護学会、日本心臓リハビリテーション学会等で毎年発表し、専門性の高い看護を提供できるよう取り組んでいます。

第一外科:消化器外科・内分泌外科、麻酔科
7階 西病棟

第一外科:消化器外科・内分泌外科、麻酔科

 周術期を中心とした急性期看護、特に合併症予防・早期回復を目指し、術後の早期離床に力を入れています。放射線·化学療法の患者さんも多く、専門的なケアが行われています。効果的な栄養摂取に向けては、NSTカンファレンスを行い支援するとともに、ストーマ造設患者さんには、皮膚排泄ケア認定看護師と協働し、個別的な患者家族指導を行っています。また、がん患者さんには、疼痛緩和とQOLの向上に向けた支援に取り組んでいます。

整形外科
6階 東病棟

整形外科

 当科では、変形性股関節症、変形性膝関節症、骨軟部腫瘍、関節リウマチ、先天性撓尺骨癒合症などの患者さんが入院されています。手術、化学療法を受ける患者さんは、各年齢層の身体的特徴、心理面を理解し接することが重要となります。
 車椅子や歩行器を使用することが多いため、環境整備には特に気をつけています。手術後は、合併症予防に努め、早期離床と状態に併せて日常生活援助を行っています。医師・理学療法士・作業療法士・栄養士・薬剤師など多職種カンファレンスで情報を共有し連携しながら患者さんを支援しています。

小児科
6階 西病棟

小児科

 小児病棟では、小児科以外に全科の15歳未満の患者さんを受け入れ、周術期ケアも実践しています。子どもでも分かリ易く安心できるように、プレパレーションを用いた手術や処置、ケアの説明に力を入れています。また、県内で唯ー小児造血幹細胞移植を行っており、退院後は専任看護師がフォローアップ外来を実施しています。在宅人工呼吸器管理にむけ地域ネットワークの活用と連携、家族への技術指導とサポートに取り組んでいます。

精神科神経科
5階 東病棟

精神科神経科

 精神科神経科病棟では、大学病院の役割としての急性期ケア、特に身体合併症や周術期、妊産婦などの患者を幅広く受け入れ、看護ケアを行っています。
 また、リエゾンチームで、 一般科の身体疾患を伴う様々な心理的問題のある患者の心のケアも行っています。患者さんが、退院後も安心して地域で生活できるよう、アサーティブコミュニケーションの指導や多職種協働での退院前自宅訪問等、退院支援に取り組んでいます。

婦人科
4階 東病棟

婦人科

 婦人科病棟では手術療法、化学療法、放射線療法などの先進医療と看護を提供しています。特に、治療を受けられる患者さんに対して事前に患者指導を行い、起こりうる副作用症状の低減や密な観察による早期対応に努めています。また、多職種との連携により多角的な視点で患者さんの個別性を考慮した介入を進め、チーム医療の推進に繋げています。

産科・NICU・GCU
4階 周産母子センター

産科・NICU・GCU

 地域周産期母子医療センターとして、地域と連携し、ハイリスク妊産褥婦や新生児及び低出生体重児を積極的に受け入れています。産科ではアドバンス助産師を中心に妊娠初期から退院後1カ月間、助産師外来で保健指導、ケアを実施しています。
NICU·GCUでは、カンガル ケア、新生児蘇生法の習得など安心•安全なケアの提供を目指すと共に、胎内に近い環境の提供と児のストレスサインの観察を行いケアに活かしています。

放射線科、耳鼻咽喉科、腎泌尿器外科
1階 西病棟

放射線科、耳鼻咽喉科、腎泌尿器外科

 放射線検査・治療部門における診療の介助と看護ケアを提供しています。患者さんの安心•安全に配慮し、どの部門でも急変・緊急時の対応ができるようシミュレ ション教育を実施しています。病棟では、放射線単独療法、化学療法との併用療法、分子標的薬療法、動注療法や塞栓術などを受ける患者さんの副作用予防ケアに力を入れています。治療部門では、がん放射線認定看護師を専従配置し、全人的な看護を掲げ、患者さんの不安の軽減、放射線皮膚炎等軽減に向け、スキンケア指導を強化してセルフケアをサポートしています。

集中治療部
4階

集中治療部

 集中治療部では、医師、看護師、臨床工学技士、理学療法士など多職種が協働し患者さんの全身管理を行っています。毎朝、カンファレンスを行い治療・処置およびリハビリについて検討し看護ケアに活かしています。また、術後の人工呼吸器装着中から、早期にリハビリテーションを行い、合併症予防に努めています。
 当部署には、急性・重症患者看護専門看護師1名、集中ケア認定看護師2名、救急看護認定看護師1名、感染管理認定看護師1名が配置されており、より高度で専門的な知識・技術の提供を行っています。

手術部
4階

手術部

 周術期看護では手術に特化した知識や技術を必要とし、看護実践向上の一助として日本手術看護学会推進の臨床実践能力習熟度段階を活用し専門性を高めています。また個々の患者のニーズに対応できるよう、術前・術後訪問を行っています。
がん診療連携拠点病院として複数の診療科が医療チームを組み、ハイブリット手術や術中MRI撮像下開頭脳腫瘍手術、最先端手術のロボット支援手術など安心•安全な手術に向けコメデイカルが協働しています。

外来
1階~3階

外来

 患者の満足度とQOLの向上をめざし、接遇強化や患者誤認防止対策を継続しています。また、継続看護として、緊急入院患者さんの「外来患者情報シ ト」を作成し、活用を推進していま す。さらに専門分野の資格者を活用し、専門・認定看護師と連携を函つています。外来化学療法や糖尿病療養指導、皮膚・ 排泄ケア、がん看護外来、HIV療養指導、造血幹細胞移植後外来など多岐にわたリ、看護師が活躍しています。

救急部
2階 救急・災害棟

救急部

 一次から三次までの救急患者を24時間体制で受け入れています。院内トリアージを導入し、重症度・緊急度の見極めから、救急搬送された重症・心肺停止患者の初療処置・ 検査・治療ま でをチームで取り組んでいます。HCUは、小児から高齢者、各科の重症患者を受け入れています。救急外来・病棟間でPNSの強化を図り両方の業務をこなせるようスタッフの育成にも力を注いでいます。

材料部
3階

材料部

 病院内では様々な医療器材や医療材料が使用されています。 材料部では、使用した医療器材の洗浄・滅菌業務と、医療材料の管理・供給業務の二つの大きな役割を担っています。これら の材料の適切な管理には高度な技術を要するため、積極的に研究会や学会に参加し、改善活動に取り組んでいます。患者さんに清潔で安心•安全な医療器材が提供できるよう、目視点検をはじめ洗浄評価や滅菌評価を行い、質の向上に努めています。

血液浄化療法部
2階

血液浄化療法部

 血液浄化療法部では、医師・看護師·臨床工学技士が、各瞭種の専門性を発揮し、安全な透析療法の提供を目指していま す。重症患者が年々増加傾向にある中、日々の治療・看護を安全に実施できるよう、多職種協働で、業務を行っています。腎代替療法選択外来では、個々のライフスタイルにあった治療法が選択できるよう情報を提供し、意思決定支援を行うとともに、 PDチームを中心に導入前~手技確立までの指導を行ってい ます。

医療福祉支援センター
2階

医療福祉支援センター

 医療福祉支援センターは医師や専任看護師・医療ソーシャルワーカー・事務職などが協働して患者さんの社会的・経済的問題や医療・看護等に関わる様々な不安や心配事に対応し相談に応じています。入院準備部門では、入院が決定した時点から安心して入院生活が送れるよう入院中の診療やケアの説明、アレルギーの有無や食事形態、転倒転落などのスクリーニングを実施しています。退院調整部門は入院早期から退院支援カンファレンスを行い、地域の医療機関や関連施設、訪問看護ステーションなどと連携し在宅療養支援に繋げています。

光学医療診療部(内視鏡室)
2階

光学医療診療部(内視鏡室)

 光学医療診療部では、内視鏡を使用して上部・下部内視鏡・小腸内視鏡・気管支鏡・カプセル内視鏡・逆行性膀胆管造影検査・治療などを専門的に行っています。
 安全・安楽に内視鏡検査・治療を行うため、外来や病棟と連携し、検査前から患者さんに寄り添いながら、不安の軽減に努めています。チーム医療として安全に検査・治療を実践するため医師、看護師、臨床工学技士等のコメディカルと協働し取り組んでいます。さらに、看護師も内視鏡技師の資格を取得し専門性を高めています。

おきなわクリニカルシミュレーションセンター(ちゅらsim)
別館

おきなわクリニカルシミュレーションセンター(ちゅらsim)

 看護部から看護師が配置されているため連携がとりやすく充実した研修設備と支援体制が整っています。
 病院敷地内に隣接しており、同じ環境下で看護技術が取得できるよう支援しています。特に、静脈注射プログラム実施や気管内吸引手技等においては、少人数のグループで、きめ細かな指導を心がけています。